二度あることは三度ある


私の父親が浮気をしていました。今も浮気をしているかもしれません。当時私は思春期の中学生でした。夜寝ていると父親の部屋から誰かと電話しているような話し声が聞こえてきました。当時受験生でしたので、勉強に集中できませんでした。そのせいだけではないですが、それも一因して志望校を受けることができませんでした。その頃は父親が大嫌いでした。

一度浮気してるくせにと言ったらきれられて叩かれました。叩くということは罪を認めているということだと思います。あれから20年が経ちますが、いまだに浮気はしていると思います。その相手が同じ相手かはわかりません。しかし今思うと母親にも原因はあったのではないかと思います。

母親はいつも仕事で疲れていて愚痴っぽいところがありました。いつも疲れたと言っているので仕事をやめればいいのにと思ったこともありました。そして休みの日になると昼まで起きてこないことが多々ありました。疲れていてもやはり家族のために朝は起きるべきだったと思います。

そんなこともありどんどん夫婦の心の距離が深まって行き父親も他の女の人のところへ気持ちが行ってしまったのかなと思いました。浮気は片方に原因があるのではなく双方に原因があるものだなと思いました。私も結婚して今の所旦那に浮気の影はありません。

しかし浮気されないためにも夫婦間のコミュニケーションは必要だと思います。夫婦だけならまだしも子供にまで嫌な気持ちにさせてしまいます。これから思春期になる子供がいるので子供のことを一番に考えて生活して行きたいと思います。

仕事で疲れていても家族で過ごすことを一番に考えて私の母親のように愚痴を言わないようにして行かなければと改めて思います。浮気をしたりされたりしていいことなんて何に一つありません。みんなが不幸になります。人間弱さにつけ込まれてしまうこともあると思いますが、何が一番大切なのかを忘れずに生活して行かなくてならないなと思います。